日大アメフト部の悪質タックル。スポーツにおけるルールとは

スポーツには、多少の「ズル」が必要な時があると思う。サッカーにおける試合をリードしているチームのアディショナルタイムの時間稼ぎ、野球における守備妨害ギリギリの走塁など、どんなスポーツでも、ルールブックに載っている範囲内でもズルは行われている。ただし、それはあくまでも「ルール」の中でのみ許されること。前者では、相手チームのボールを奪うために過度なタックルをすればイエローカードが出るし、後者も度を過ぎれば守備妨害が適用される。
アメリカンフットボールやラグビーのように、接触が顕著な競技では、当然身体同士が接触する類のプレーの中に、「妥当なもの」「違反なもの」の分類がなされている。それがこれらのスポーツでのルールである。
今回の日本大学の選手が行ったプレーは、まさしくこのアメフトをプレーする上でのルールを破ったものであり、到底看過できるものではない。
ルール違反も、「意図が無くたまたま犯してしまった」ものと。「意図的・確信犯的に犯してしまった」ものとが存在するが、明らかに後者であり、ルール違反の中でも、さらに悪質なものであることは明らかだ。
そのうち、「意図的・確信犯的にルール違反を犯す」は、割と多くいると思う。でも、例えば、またサッカーに話を戻すと、ディフェンダーは時には軽いファールを犯してでも、相手フォワードのドリブルを止める必要が生じる場面がある。この場合、「今のファールは…ピンチを防いだからよかったですね」と称賛されることさえある。ポディション、あるいは状況によっては、時に意図的なルール違反は必要、という場面もあると思う。
それを踏まえて、改めて今回の日大選手は、一体どんな意図をもってあのルール違反を犯したのだろうか、と考えてみたい。
相手のQBが完全にプレーを終えていたから、もう相手の攻撃的な何かを止める必要は無かったはずである。
彼があのファールをした理由、それはチームの勝利のためでは無かった。
彼を意図的にファールさせたのは、自分自身のレギュラーメンバーとしての保身と、指導者からの圧力である。
どんな優秀な選手でも、レギュラーとして試合に出続けなければ意味が無いし、まして日本代表にも選ばれたほどの逸材なら、計り知れないほどの焦燥感を持っていただろう。その焦燥感が、彼をあのプレーへと導いたことは言うまでもない。
さて、その焦燥感、もっと練習をがんばってレギュラーを奪取してやる、という方向に向けば、これ以上ないモチベーションになるが、指導者に悪用されてしまうと、取り返しのつかないことになるし、実際なってしまった。
今回の一連の出来事で、「監督・コーチからの指示」を告発した日大選手に対しては、犯したことの重大さを反省する声よりも、「よく素直に言った」という声の方が多い。誠実に、素直に、というのは、スポーツを行う上で守るべきルール以前の、スポーツマンシップである。
さて、今回の出来事で、スポーツのルールも、そしてスポーツマンシップさえも守れなかった、守ろうとしなかったのは、一体誰だろうか。私はゲイDVD出演の井上奨コーチだと思うのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です